• ビジョンサロンのアイケア商品
  • 100歳まで見る力を
  • 目の常識を変える中川メソッド

Eyes evolved from plants.

「人の目」は、約6億年前、
小さな細胞の核の1つが目になったと考えられています。
目は、“光”と“植物”の力によって、
生み出されたと言っても過言ではありません。
自然から生み出された膨大な植物。
その中から”目に良い植物に含まれている栄養素だけ”を選びました。

原料の産地や品質、育成管理、加工過程に至るまで徹底した管理のもと
有効性と安全性の科学的エビデンスに基づいた
上質な原料を使用したアイケアサプリメントをお届けします。

More...

ひとみ健康辞典

飛紋症

目の前に蚊が飛んでいるように見える 飛蚊症  


飛蚊症は眼球の中にある硝子体のにごりが原因。

多くは老化が原因で起こる


飛蚊症とは、目の中に小さなごみくずのようなものが見える症状をいいます。その状態が目の中に蚊が飛んでいるようにフワフワと浮いて見えるということからこの名前がつきました。蚊のようなものだけではなく、糸くず、数珠、ひも、小さなかたまりのように見えたりもします。目を動かすと一緒についてくる、あるいは真っ青な空や海、白い壁などを見たときにはっきりと見えるのが特徴です。多くは老化や近視の場合にみられ、中高年の人には多少あっても問題はありません。

飛蚊症は、眼球の大部分を占めるゼリー状の硝子体が何らかの原因で、その影が網膜に映って見えることによって生じたものです。

ゼリー状の硝子体には、透明の繊維が網の目状に走っています。加齢にともないその粘り気が失われて液化していきます。その水分中に繊維成分が浮き、それが網膜に映って小さなゴミのように見えます。また、老化によりゼリー状の硝子体が縮まるためにこれを包んでいた膜(硝子体膜)が網膜からはがれます。その膜のシワや影が網膜に映りゴミや糸くずのように見えます。


浮遊物の数や大きさに変化があったときは注意。

生活習慣病の前兆のことも


飛蚊症は老化で起こることが多いとはいえ、網膜に裂け目が出来る網膜裂孔や、網膜はく離、硝子体の中に出血を起こす硝子体出血などが原因で起こることもあります。硝子体出血は、目のケガのほか、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病がもとで起こることがあるので注意が必要です。

目の中の浮遊物が急激に増えた、大きくなった、色が濃くなった、あるいは、視野が欠けるといった症状があるときは、眼科に行き検査して原因を調べてもらいましょう。痛みがないので放置しがちですが、大きな病気が隠れていることもあるので注意が必要です。




Pick Up

  • トライアルサプリメント
  • 定期購入

Must Buy Item

  • アイバランス

LINE@ お友達募集中!

ブルーベリーオンラインショップ LINE @お友達募集中 疲れ目、近視、老眼、目のお悩みに 

International customers

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ネットでの注文は365日24時間受け付けておりますが、
弊社は、土曜・日曜・祝日はお休みをいただいております。
お休みの期間中のお問い合わせメールの返信、受注・発送業務は翌営業日に順次対応させていただきます。

ブルーベリーブログ

目やカラダ、ココロに良いこと、お得な情報などをご紹介しています。
店長日記はこちら >>

ページトップへ