ひとみ健康辞典

緑内障

50歳から増える視野が欠ける病気 緑内障


眼圧の上昇が引き起こす病気。

視神経が障害を受け、失明にいたることも


白内障と並び、目の病気としてよく耳にするのが緑内障です。緑内障は一般的には眼圧が高くなって視神経が障害を受け、視野が狭くなる病気です。視神経は脳神経のひとつで、いったん障害を受けると回復はしません。障害の軽いうちに発見して病気の進行を抑えないと失明の危険もあり、日本では中途失明の原因の第2位が緑内障となっています。40歳以上では30人に1人が緑内障ともいわれており、男女とも50歳前後から急激に増え始めます。 

 眼圧(眼球内圧)とは眼球の内側から外側に働く力のことをいいます。眼球内には通常1021mm/Hgの圧力がかかっており、眼球の丸い形や張りを保つ役目を担っているのです。

 眼球の中には房水という栄養水が循環しており、放水の出入りのバランスが眼圧をコントロールしています。房水は角膜や水晶体などに栄養分を供給する透明の液体のことで、毛様体で作られ、水晶体と虹彩の間を通って前房というスペースに流れ込み、最終的に房水の排水口となるシュレム氏管から眼球内の外へ出て行きます。このように同じ量の房水が眼球内に入り、眼球内の外へ出て行くことで眼圧が一定に保たれています。しかし、何らかの原因で房水が眼球内の外に出て行かなくなると房水の量が増え眼球は眼内圧の上昇により、固くなってしまいます。これが眼圧が高いという状態です。

 眼圧が高くなると図の視神経乳頭に眼圧が加わり、圧迫を受け続けると視神経の細胞が減少してしまい元通りに増えることはありません。その結果、障害を受けた視神経が担当する部分の視野が欠けるのです。


日本人に多いのが慢性型。

徐々に視野がかけていき気づきにくいのが特徴


緑内障は原因や症状の進み方によっていくつかのタイプがあり、生まれつき目の構造に問題があり起きる先天性緑内障、目の病気やけがで起きる続発性緑内障、直接的な原因がはっきりしない原発性緑内障に分けられます。一番多いのが原発性緑内障です。

 原発性緑内障には、じわじわと症状が進んでいく慢性型、突然激しい痛みが起きる急性型、眼圧が正常なのに緑内障を起こす正常眼圧型の3つがあります。

 慢性型では房水の排出口であるシュレム氏管はつまっていませんが、その手前にあるフィルターの役目をする繊維柱帯が目詰まりしているため房水がスムーズに流れません。このため徐々に房水がたまっていき眼圧が高くなり、視神経が慢性的に障害を受けます。普通は視野が鼻側から欠けていくのが特徴です。

 視力低下、充血、激しい痛みなどの症状が急激に悪化するのが、失明の危険性が高い急性型緑内障です。

 虹彩と水晶体が何らかの理由でくっつくことで房水の流れがせき止められてしまい、眼圧が急激に上がることで起きます。

 これらと異なり眼圧が正常でも視神経が障害を受け、緑内障の症状を起こすことがあります。

 これは正常眼圧緑内障とよばれるものです。日本人の緑内障では多くみられ、視神経の抵抗力が弱いことが原因と考えられていますが、はっきりした原因はわかっていません。

 緑内障では視力の低下よりも先に視野が狭くなります。慢性型は急性型と症状は異なり、自覚症状がないことも珍しくありません。そのため病気が進行してから気づくこともあるので、なんとなく視野がおかしいと感じたときには眼科で検査を受けるようにしましょう。


 慢性緑内障の症状

1. 両目の視野が狭くなり鼻側から欠けていく

2. 目を酷使していないのに視力が落ちたり、かすむ

 急性緑内障の症状

1. 目に激しい痛みを感じる

2. 視力低下のほか、頭痛、吐き気をともなうことも

3. 明かりのまわりに虹がかかったように見える

  • ワイルドブルーベリー100
  • ビルベリーハード100
  • ルテインZ100
  • 黒ウコン×イチョウ葉100
  • ドリンク
  • トレーニンググッズ
  • 温めアイテム
  • 中川和宏書籍
  • 定期購入
  • Overseas Customers
  • 中川和宏書籍一覧
  • ご利用案内
  • メルマガ登録
  • スタッフブログ
  • 視力回復の第一歩は、個人カウンセリングから。ビジョン・サロン
  • 視力回復の第一人者、中川和宏オフィシャルサイト
  • 株式会社ブルーベリー Facebookページ

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ネットでの注文は365日24時間受け付けておりますが、
弊社は、土曜・日曜・祝日はお休みをいただいております。
お休みの期間中のお問い合わせメールの返信、受注・発送業務は翌営業日に順次対応させていただきます。

ページトップへ