bcf0f4dc0577c0b334dd6732e17f50bd_s

紫外線から目を守る「サングラス選び」

サングラス、レンズの色で選んでいませんか?

色が濃いレンズの方が紫外線をカットできると勘違いされることが多いようですが、

色と紫外線カットの性能は関係がありません。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。

これはそのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、

低いほどレンズの性能が優れているということになります。

例えば、「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を

99%以上カットすることができると言われます。

「紫外線カット率」と表記しているサングラスもありますが、その場合は

数値が高い方が性能の良いレンズということになります。

 

サングラスは濃い色がいい?

目は暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むようにできていますので

紫外線カット機能がないのに濃い色のレンズのサングラスを使用すると、

瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込み、白内障や黄斑変性症

などの病気を引き起こす原因になるといわれています。

一方、明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を取り込む量を減らすという調節をしています。

普通のメガネのようなクリアタイプでも紫外線カット率の高いものもありますので

紫外線をカットできるかを確かめ、性能の良いサングラスを選びましょう。