子どもの視力 弱視

産まれた直後はぼんやりとしか見えない目。

成長しながらいろいろな物を正しく見ることで、少しずつ見る力が育ち

8歳になる頃にほぼ「見る力」は完成するといわれています。

 

8歳までの大切な期間に強い遠視や乱視、斜視などが原因で

はっきりと物を見ることができない状態になっていると、

目には問題がなくとも、視力の発達が止まってしまうことがあります。

するとメガネを掛けても視力が上がらない「弱視」になる可能性があるのです。

 

50人に1人の割合で弱視と診断されるお子様がいるといわれています。

3歳児検診や就学児検診での発見、

難しいところですが、日ごろからのお子様の行動観察からの発見など、

視力の発達が止まってしまう前の、早期発見がとても重要になります。

 

早期発見することで、「見る力」は育ててあげることができます!

弊社の視力回復を目的としたトレーニングセンターである

「ビジョンサロン」では多くのお子様の視力についての

ご相談を受けています。

「見えること」を知ったお子様の笑顔は生き生きとしています。

 

大切なお子様の「見る力」を育ててあげたいですね。

お子様の視力についてのご相談はビジョンサロンへ
お子様の視力についてのご相談はビジョンサロンへ

 

お子様からお飲みいただけるサプリなら「ワイルドブルーベリー100」
お子様からお飲みいただけるサプリなら「ワイルドブルーベリー100」