ひとみ健康辞典

白内障

水晶体が濁りものが見えにくくなる 白内障


水晶体の新陳代謝が低下。

白内障は40,50歳代から見られる目の老化です


白内障は「白そこひ」とも呼ばれ、目の中にある無色透明の水晶体が徐々に濁り、視力の低下を引き起こす病気です。白内障は老人性白内障が代表的なものです。

 このほかに、先天性白内障、外傷性白内障、糖尿病で起こる糖尿病白内障、目の病気が原因となる併発性白内障、放射線が目にあたることによって起こる放射線白内障や、ステロイド長期使用によるステロイド白内障などがあります。

 一番多く見られるのが、老人性白内障ですが、老人性白内障は水晶体の新陳代謝が悪くなるために起きるもので、年をとると誰にでも起きる老化現象のひとつです。老化の速度は人によって異なり、濁り方の程度にも差があるため、早くから視力が低下する人もいれば、濁る部位によってはまったく自覚症状のない白内障もあります。

 水晶体の濁りは一般に50歳を過ぎた頃から始まっているといわれており、50歳以上の視力障害の多くは、老人性白内障が原因です。

 男女とも60歳前後から増加し、80歳代ではほとんどの人が白内障にかかっているといわれます。


視力低下、目がかすむ、まぶしいなど、

初期症状を見逃さないことが大切です


人間は目に入ってきた光を水晶体で屈折させ、網膜にピントを合わせることでものを見ています。レンズにあたる水晶体が濁ると、目の中の光の通りが悪くなるため、ものを見る上でさまざまな障害がでます。

 白内障になっても目の痛みや充血はありませんが、初期には、視力が低下する、かすんで見える、まぶしく感じるなどの症状が現れます。また濁りが強くなると、すりガラスを通して見ているような状態となります。

 白内障は水晶体の濁り方によって3つのタイプに分けられ、それぞれ症状も異なります。

 水晶体の周辺から濁ってくるタイプが「皮質白内障」で、老人性白内障の多くを占めています。ものを見たときにまぶしさを強く感じたり、濁りの場所によってはかすんで見えます。

 水晶体の中心部にある核が濁るタイプが「核白内障」。これは暗くなるとものが見えにくくなったり、核が固くなり屈折が強まるため近視化が進み、逆に近くが良く見えるようになるなどの症状がでます。

 水晶体のうしろ側が濁るタイプの「後のう下白内障」では、視力の低下の進行が速くなります。

 いずれのタイプも自覚症状が出るのは病気がある程度進行してからです。しかし初期のうちはその進行を遅らせたり、症状を緩和させることはできるので、初期症状を見逃さないことが大切です。また、糖尿病がある場合は白内障を併発するので、こうした生活習慣病をきちんと治療することも白内障の進行を遅らせることになります。


白内障は老眼と症状が似ているため、

間違うことがあるので注意が必要です


白内障は老眼と似ている症状があらわれるため、視力低下に気づいても老眼と勘違いする人は少なくありません。老眼だと思っていたのが実は初期の白内障だったということがよくあります。

 老眼の場合は、近くのものだけが見えづらくなり、ピントが合わないために全体がぼやけて見えますが、眼鏡をかけるとはっきりと見えます。白内障では、ピントは合っても全体的にかすんだ感じに見え、度数の合う眼鏡をかけても同じようにかすんで見えてしまうのが特徴です。

 見えづらさを感じたら眼科で、視力、眼圧、水晶体、眼底を検査し、白内障を含めた病気の有無を調べてもらいましょう。


白内障の初期症状

1. 疲れ目が回復しないで視力が徐々に低下する

2. ものがぼやけたり、かすんで見える

3. 太陽や電灯を見るととてもまぶしく感じる

4. 明るいところで見やすく暗いところで見えにくい

5. 暗くなると見えにくくなることがある

  • ワイルドブルーベリー100
  • ビルベリーハード100
  • ルテインZ100
  • 黒ウコン×イチョウ葉100
  • ドリンク
  • トレーニンググッズ
  • 温めアイテム
  • 書籍
  • 定期購入
  • Overseas Customers
  • ご利用案内
  • メルマガ登録
  • スタッフブログ
  • 視力回復の第一歩は、個人カウンセリングから。ビジョン・サロン
  • 視力回復の第一人者、中川和宏オフィシャルサイト
  • 株式会社ブルーベリー Facebookページ

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ネットでの注文は365日24時間受け付けておりますが、
弊社は、土曜・日曜・祝日はお休みをいただいております。
お休みの期間中のお問い合わせメールの返信、受注・発送業務は翌営業日に順次対応させていただきます。

ページトップへ